2011年12月5日月曜日

KeepQuiet 00 概説

Keep Quiet


プーンジャの獅子吼「黙りおれ!」


キクダケ:プーンジャの『Keep Quiet(鎮まりて在れ)』はインタビュー映像だったのですか?
セツメイ:そうだよ。ラマナマハルシと弟子たちの研究・出版などで精力的な仕事をしているデイヴィド・ゴッドマン David Godman が、西欧にプーンジャジーとその教えを伝えるために制作したインタビュー映像だね。
キクダケ:それを文章化したのですか?
セツメイ:英語のテキストは『Papaji:Interviews Edited By David Godman』に掲載されていて、それをヨーガヴァースィティで学修していた木村昴平さんが試訳してくれてね。多少手直しをしてご覧のような体裁になったんだね。
キクダケ:パーパージーはのっけから、「どのような教えであっても、それは説教することです。[手段を超越してしまった]真の教師は、教えや方法や道を持 ちません。あなた自身のセルフを知るのに、どんな教えも必要ありません。あなたが実在としてある[真]の[姿]は、常にアレそのもの(セルフ Self。全体宇宙生命)なのです。誰もあなたに教えることは[最終的には]できないのです。あなたは、今ここ、この瞬間に自分は誰であるかを[自分自身 で]悟らなければいけません。」とラマナマハルシのようなことを言っていますが、これでは誰も何も分からないのではありませんか?
セツメイ:分からないだろうけれど、正解だね。
キクダケ:どうしてですか?
セツメイ:真理の指摘だからだよ。
キクダケ:でも、一般の人たちだけでなくても、修行をしている人たちでも、このような答では何をどうすればいのか見当すらつかないのではありませんか?
セツメイ:あなたのレベルからの発言としては理解できるよ。
キクダケ:じゃあ、あなたには分かるのですか?
セツメイ:完璧な解答だと思うよ。もっといいのは答えないことだろうよ。
キクダケ:ええ?答えなかったら、それこそ何がなんだか分からないではありませんか?
セツメイ:寂黙(マウナ mauna)の状態をどうやって説明できると思う?
キクダケ:さあ…「静かであること」とか「寂静」とか…
セツメイ:それらは言葉であって、その状態の説明だよ。ソレソノモノではないね。
キクダケ:じゃあ、どうやって人に分からせることができるというのですか?
セツメイ:………………
キクダケ:どうかしましたか?
セツメイ:………………
キクダケ:質問が気に入りませんでしたか?
セツメイ:………………
キクダケ:………
セツメイ:そういうことだよ。
キクダケ:はあ?
セツメイ:黙ることだよ。
キクダケ:何がですか?
セツメイ:アンポンタンであっても、黙るならちょっとはましだよ。
キクダケ:黙るとなぜよいのですか?
セツメイ:静かだからだよ。
キクダケ:静かだとどうしてよいのですか?
セツメイ:真理を覆い隠しているものが減るからだよ。
キクダケ:真理を覆い隠しているものって何ですか?
セツメイ:主に言葉と考え事だよ。
キクダケ:?
セツメイ:言葉と思考が有る限り、真理は覆い隠されているので、プーンジャジーは教え=説教=言葉=思考であることを暗に指摘しているのだよ。だから、言葉と考え事の覆いを捨てるよりほかは無いのさ。
キクダケ:どうやって捨てるのですか?
セツメイ:アートマ・ヴィチャーラ Atma-vicAra(思いの出所の探究)によってだよ。
キクダケ:それはラマナマハルシの教えだと思いますが、プーンジャジーの教えも同じなのですか?
セツメイ:もちろん!summA iru (Keep Quiet) とアートマ・ヴィチャーラ Atma-vicAra(思いの出所の探究)は同じことだよ。
キクダケ:それは驚きです。
セツメイ:驚きは寂黙(マウナ mauna)じゃないよ。驚かないほうがいいね。
キクダケ:静けさの良さがよく分からないのですが。
セツメイ:心が未熟だからだよ。
キクダケ:成熟すると静まるのですか?
セツメイ:Yes.
キクダケ:静かにしているだけでは生き甲斐を感じないのではありませんか?
セツメイ:あなたはアタマのグルグル回しをしていて生き甲斐を感じるわけ?
キクダケ:いえ、それは頭痛の種ですが、仕事をやり遂げた時とか、何かの目標に向かって前進している時とかに生き甲斐を感じると思うのですが。
セツメイ:いつでも生き甲斐を感じているの?
キクダケ:いえ、挫折感のほうが多いですが。
セツメイ:あなたが言う生き甲斐と挫折感は表裏一体で、真理の覚知現成 Self-Realization に伴う至福 Ananda (bliss) にとっては覆い物にすぎないよ。
キクダケ:あなたには目標に向かう生き甲斐とか、仕事を達成した充実感とかは無いのですか?
セツメイ:有っても、それが真理だとは思っていないね。真理は寂黙(マウナ mauna)・至福 Ananda (bliss) 以外の何物でもないと承知しているからね。
キクダケ:ラマナマハルシやプーンジャジーの教えは、どうも取っ付きにくいですねえ。
セツメイ:だから、前回も言ったけれど、あなたにはマインドフルネスの修行が適しているよ。
キクダケ:それだけでいいのですか?
セツメイ:それだけと言ったって、一生かかってどれだけマインドフルになれると思うの?マインドレスな毎日じゃないの?
キクダケ:…そうかもしれません…
セツメイ:かもしれない、じゃなく、そうだ、とは気づかないの?その気づきの無さがマインドレスな証拠だよ。
キクダケ:ラマナマハルシやプーンジャの教えが最高なんて聞かされると、ほかの教えを学修しなければいけないというのがミジメです。
セツメイ:なんで?
キクダケ:なんとなく挫折感があって…
セツメイ:あのねえ、例えばオリンピックで金メダルを期待されて いて、みんなが金メダルを取るだろうと思っていた選手が、たまたま不調で金メダルを取れなかったら、その選手は挫折感を持って当然かもしれないけれど、テ レビを見ているだけの観客が挫折するには及ばないんだよ。
キクダケ:どういうことですか?
セツメイ:あなたのように、「修行オリンピック」に有資格の人間 ではなく、聖賢方の教えをのぞき見しているだけの人間がだよ、参加もしていないのになんで挫折感を抱いたりするの?暇を持て余して、退屈な日常生活をして いるだけの凡人たちが、ただ単にラマナマハルシの教えが最高と耳にして、自分がその教えにふさわしい人間ではないと指摘されて挫折感を抱くなんて、まった く滑稽な話だね。エピクテートス先生が話していた例えを思い出してごらん。『提要』の 29 番を読み直してごらん。参加するためのトレーニングをしていない人間が、得意になったり挫折感を抱いたりするのは、プロのマラソン選手が走っているのを見 て、沿道でちょこっと並走しているオメデタ観衆みたいなものだよ。
キクダケ:私はそんな程度なのでしょうか?
セツメイ:自分の毎日の生活を点検してごらん。どういう物事に時間を当てがっているか、どういう考え事を追いかけ回しているかで、簡単に証明されることだよ。
キクダケ:…
セツメイ:…
キクダケ:じゃあ、せめてプーンジャジーの教えについて一言だけでもお願いできますか?
セツメイ:「黙らっしゃい!」

2011年8月27日土曜日

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 01


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

1

愛称パーパージー(パパジ)ことプーンジャジーは、ラマナマハルシの 最良の直弟子の一人です。ラマナマハルシに傾倒しそしてプーンジャジーに傾倒している David Godman がまとめた『Papaji:Interviews』(Avadhuta Foundation)は、とても味わい深い記録です。木村昴平氏が手がけた逐語訳+意訳を校訂して、皆さんの学修に資したいと思います。この資料を参考 にして、原本やビデオを繰り返し深く味わってもらえれば幸いです(この翻訳は原本『Papaji:Interviews Edited By David Godman』とビデオ Poonja:Summa Iru! (Keep Quiet!) の購入所持者に提供したものですので、お持ちでない方はぜひ購入されるようおすすめします)。

D:パーパージー、私達はあなたの教えについて映画を作ろうと思っています。あなたは、教えを持っていないと言われますが、私達はどのようにして映画を作ればいいのでしょうか?

P:どのような教えであっても、それは説教することです。[手段を超越してしまった]真の教師は、教えや方法や道を持ちません。あなた自身のセルフを知るのに、どんな教えも必要ありません。あなたが実在としてある[真][姿]は、常にアレそのもの(セルフ Self。全体宇宙生命)なのです。誰もあなたに教えることは[最終的には]できないのです。あなたは、今ここ、この瞬間に自分は誰であるかを[自分自身で]悟らなければいけません。

D:あなたは教えるとき、人々がどの方向を見るべきかを指摘するのを、重要だと思いますか?

P:人々はどのような方向をも見るべきではありません。[笑い]特定の方向を見ることは一つの対象に留まることを意味し、あなたはその対象にあなたの注意を注いで[執着して]いるのです。人々はこのようにして、[アレそのもの(セルフ)を見失って]迷っているのです。しかしもし彼らが[分別にすぎない]全ての方向を排除し、どんな方向の概念をも心の中に持たないならそのとき自分が、実は[アレそのもの(セルフ)という]真実の存在であることを知るでしょう。彼らは、アレ自身であることを知るでしょう。彼らは常にアレであり、そして常にアレであり続けるだろうと。

D:パーパージー、あなたは自分自身をグルと思っていますか?

P:いいえ、まったく思っていません。[笑い]「私はグルです」とは、決して言いません。

D:あなたの帰依者であり弟子であると思っている人たちについては、どう思われますか?彼らはあなたの帰依者ですか?

P:グルがいないなら、どんな帰依者の問題もありません。彼らが私に会いに来 るとき、私は歓迎します。来る人は誰でも、私は歓迎します。彼らが来なくなっても、私はそれでも彼らの幸運を願います。そして彼らが私から去っていく時、 「さようなら。どこにいても幸福でいてください。」と言います。

D:彼ら自身のセルフを探求するために、あなたのところへやってくるすべての人を、あなたは勇気づけています。なぜあなたは、このようなことをされるのですか?その動機は何ですか?

P:私自身の幸福からです。人々は[欲望に目ざめて、真理には]眠っています。彼らの心の中に宝物(セルフ)があるのに、全く苦しんでいます。この世界のすべての人々は、[セルフとは別の]対象に平和と幸福を見い出そうとして、苦しんでいるのです。彼らは一つ一つ[欲望]対象を追い求めて体験し[続け]ますが、これは苦悩と不幸に終わるだけです。あなたの心に幸福と平和を取りもどすことができる対象や人や物や概念はありません。そこで私は彼らにただ話して、この知識を与えるだけです:「あちこちを見て[欲望対象を探し求めて]はいけません。平和はあなたの内にあり、万物のハートの内にあります。だから、心を静かに保ちなさい。どこをも見てはいけません。あなたの心をどこかに留めてはいけません。そうすれば、ソレ自体(ハート=セルフ)が平和であり幸福であることがわかるでしょう。それが、根本的な真実です。世界のあらゆる存在(の本性)は、幸福そのもの(ハート=セルフ)なのです

D:あなたのところへやってくるほとんどの人たちは、あなたは単なる知識以上の何かを与えてくれると思っていると私は考えています。あなたの存 在のもとでは、あなたが指摘するものを見い出すことができる「ある力と」恩恵があると、彼らは感じているのだと私は思います。この点について、どう考えられますか?

P:その通りです。私は恩恵と美の本源である彼ら自身のセルフを指摘しているのです。その場(セルフ)で愛と平和もまた起きます。私は次の事を述べることにより、コノコトを示します:「一秒間あなた自身の内[のセルフ]を見なさい。あなたは探し回って見つける必要はありません。ただあなた自身の内[のセルフ]を見なさい、そうすればあなたは平和そのものであることがわかるでしょう。」私はただコノコトを示すだけです。人々は眠っています。彼らは夢を見ているから、目をさましてあげるほうがよいのです。これらの夢は、ただ心の投映(想像物)でしかないのに、彼らはそれらを真実だと考えてしまっています。[その事が]彼らに多くの苦悩を引き起こしている[原因な]の です。もしあなたが夢の中で虎を見れば、恐怖を感じるでしょう。もしあなたが夢の中で強盗に襲われたら、恐怖を感じるでしょう。すべての心の投映をやめなさい。夢は夢でしかないことを知りなさい。それは真実でないことを知りなさい。あなたが見るものはなんでもただ夢でしかありません。対象があるところ、見 るものと見られるものとがあるところには、夢があります。もし対象とそれらを見る主体があるなら、[そこには]夢があります。しかし、もしあなたが主体と客体、そしてそれらの関係を、なんとかして取り除くなら、何が残りますか?[セルフが残ります。]

D:あなたに会いにきて、「パーパージー、私は苦しんでいます。」と言う人々を見るとき、あなたは彼らに慈愛を感じますか?また彼らが目覚めるとき、あなたは喜びを感じますか?

P:私は心から慈悲を感じます。それ以外、なにがあるでしょうか?苦悩したり、[セルフに目覚めず執着して]夢を見ているすべての存在に、私は慈悲を感じます。私はただ彼らに言うだけです、「目覚めなさい、親愛な友たちよ。親愛な子たちよ、目覚めなさい。まったく、苦悩というものは[実は]無いのです。それは単に、[分別によって生み出された]あなたの心の投映です。それは真実[在]ではありません。あなたは[分別である]夢を見ているのです。夢から目覚めなさい。そうすれば、[分別の夢である]苦悩は終わるでしょう。」

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 02


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

2

D:笑いを止められなかったという肺が一つしかない日本人の教授の物語について、話してもらえませんか?それはあなたの教えに関して、非常によい物語だと思います。物語全体について話してもらえませんか?

P:[パーパージーは笑う]彼が到着したとき、私は家の二階で、数人の人々とサト・サンガ sat-saGga を共にしていました。彼は医者から、階段を上がってはいけないと言われていたので、私がおりていって、彼に会えるかどうかを、一階にいる人にたずねまし た。その人は答えました:「パーパージーは今、非常に忙しいのです。彼は二階でサト・サンガをしています。もしあなたが待てないのなら、上がって行って、 彼に会ってください。」彼は私に会いたいと強く望んでいたので、終わるまで私を待つより、階段を上がって行こうと決心しました。一階にいた人たちは、彼を 手助けしましたが、それでも彼は非常にゆっくりと、苦労してのぼりました。彼が着いたとき、私もふくめて、部屋の中のみんなが笑っていたところでした。彼 がいる間は、言葉による教えはありませんでした。みんなは、ただ笑い続けていました。私たちがなぜ笑っているのか、彼はわかりませんでしたが、彼もまた加 わって笑いました。

それから昼食の時間になったので、私たちみんなは食事のため、一階へおりて行きました。昼食の間に、彼は言いました:「私には一つの肺しかありません。 もう一つは、手術で取り除かれました。私の医者は、肺に非常な負担を与えるから、階段をのぼったり、笑ったりしないようにと、命じていました。もし私が 笑ったり、階段をあがったりしたら、その激しい活動から肺を回復させるため、薬を飲むことになっていました。しかしここでは、私は薬を飲む必要性を、少し も感じません。それどころか、私はもう一つの肺が戻ったかのように感じます。それから彼は、再び笑い始めました。彼が私といる間、彼はどんな質問もしませ んでした。彼は、ただ笑い続けるだけでした。それは彼に負担にならないので、薬を飲む必要がまったくありませんでした。その後、彼が日本へ帰った後、私に 会うように、彼の学生のひとりを送ってよこしました。教授が日本へもどった後、教授は次のように聞かれたと、この学生は話してくれました:「らックナウか ら何を持ち帰ったのですか?プーンジャジーの教えは何ですか?」教授の唯一の答えは、笑い始めることでした。彼はずっと笑い続けました。笑いがとうとう納 まったとき、学生は再びたずねました:「プーンジャジーの教えは何ですか?」すると彼は答えました:「笑うこと、笑うこと、そして踊ること。」人が笑って いるとき、その人には、心も思いも問題も苦悩もありません。


D:笑いが続いている限り、[思い・問題・苦悩のような][の活動]はありません。心は無いのです。

P:自分で試してみなさい。[笑い]笑わない人たちには、[考えている]心が有ります。彼らはとても深刻に見え、多くの問題を抱えています。彼らは心を持っています。それは、何かの問題や苦悩にとっては、[それを思う]心を持つ必要があるからです。それが苦しむ心というものです。わかるでしょう。そこで、あなたの問題を笑いとばしなさい。何か問題がやって来たら、笑いとばしなさい。あなたが笑うなら、問題は立ち去るでしょう。それは逃げて、飛び去るでしょう。

D:それで、笑いは、苦痛や苦悩が無いということへの反応(証明)である。あなたはそう言われているわけですね?

P:どういうことですか?

D:すべての精神的な問題が去ってしまったとき、自然に笑いは起きますか?

P:もちろん、そうです。自分のすべての問題を取り去った人だけが、笑ったり踊ったりします。自分のすべての問題を解決したとき、その人だけが踊ったり笑ったりするものなのです。昔、ひとりの聖者が山の頂に住んでいました。ある満 月の真夜中、彼は笑い続け始めました。村のみんなは目をさまし不思議に思いました。「聖者に何が起きたんだろう?」彼らは丘の頂上へ行って、彼にたずねま した。「聖者様、何が起きたのですか?」聖者は笑いながら答えました。「見なさい!見なさい!見なさい!見なさい!雲がある!雲がある!」多くの人たちが 雲を見るけれど、雲を見てだれが笑いますか?心を持たない人だけ[が笑うの]です。彼が見るすべてが、彼に笑う機会を与えるでしょう。なぜなら彼がそれを見つめる時、彼はそれそのものになっているからです。雲はそこにあり,月はそのうしろにあります。あなたが[考える]心を持たないなら、この見ることそのことだけで、あなたに笑いを生じさせることができるのです。

D:それで、パ-パ-ジ-、あなたは世界を見るとき、たいてい笑っています。あなたは、それはすべて全く冗談だと思っていますか?

P:[笑い]私は冗談を言うだけです。何かほかにありますか?私は何も経典を学びません。私は決してどんな経典も学んでこなかったし、どんな経典にも言及しません。私はただ冗談を言うだけです。[さらに笑う]

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 03


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

3

D:パーパージー、私たちは多分あなたの事や、あなたの教えについて、あまり知らない外国のテレビの視聴者のために、この映画を制作しています。彼らが理解できる言葉で、光明(悟り)とは何かを、正確に話してもらえますか?

P:光明(悟り)とは、感覚的な楽しみに、どんな満足も見い出せないでいる人たちのためのものです。それは物や対象にうんざりし、それらに楽しみを見い出せない人たちのためのものです。自由・光明(悟り)への願望は、永遠の幸福が、感覚的な快楽の中には見い出すことができないということを、人が理解し始めたとき起きます。五感が[受け取り]記録する対象は、あなたに永遠の幸福を与えることはできません。五感が受け取り記録しているなにかの対象に欲望を持つなら、その欲望が達成されたそのとき、すぐに幸福になれるでしょう。しかし、あなたに幸福を与えるのは、対象そのものではなく、対象への欲望の達成[という自分の心の内部問題]な のです。欲望がある時、まだ何かを達成したいとか得たいという望みがある間は、幸福はありません。欲望は、達成されたその時だけ無くなります。その時は、 思いも無く欲望も有りません。あなたが注意深く自分自身の体験を見つめるなら、幸福は思いや欲望が無いときだけ自然におき、思いや欲望がよみがえるとき幸 福は消える、ということを見い出すでしょう。このことから、どういうことが推定できますか?簡単に結論すると、思いや欲望が無いとき幸福はおき、[反対に]思 いや欲望が有るとき、幸福はもう感じることはできない、ということです。ですから、幸福はさらに多くのものを求める事には無く、思いの無い空 [= thinking-less I AM] の中に在るのです。色々な対象やそれらに対する欲望は一時的で、それらは現われ来たり消え去ります。現われたり消えたりするものは、永遠ではありません。 あなたが永遠の幸福を望むなら、去来するものを追いかけても決して得られない、ということを理解すべきです。

 無思考・無欲という空(くう)は、 永遠です。それは、真実の永遠の幸福の根源です。事実、それは幸福そのものなのです。あなたがこのことを理解して、完全に受け容れたなら、心はもはや外的 な満足に手を伸ばしません。なぜなら、手を伸ばす行為そのものが、欲望と苦悩を引きおこす原因となることが、わかるからです。あなたがどこか他に幸福を探 す必要性を感じず、空(くう)す なわち永遠の幸福にとどまることができる時、あなたは欲望と苦悩から自由になります。その自由(悟り)が光明です。いったんあなたが、その状態に自分自身 を確立したなら、もはやこの世の中で心配したり、何かを追いかけたりする必要はありません。この世界の人々や物事はまだそこにあります。しかしそれらは、 どんな困難や苦悩の原因にもならないでしょう。なぜなら、それらを通じて喜びと幸福を得ようとする欲望は、決しておこらないからです。空・幸福は、活動的な世俗生活を送っても、決して減少しないでしょう。なぜなら、前には悲惨や苦悩や失望に終わった思いや欲望は、絶対に起きないだろうからです。

あなたが自由を得たいという願望を持ち、永遠の幸福は世間的な快楽を追い求めても得られない、ということを理解し始めたなら、完全な存在
(セルフ)を 探求すべきです。真実と永遠の幸福の状態に、自分自身を完全に確立した人。ハ-トが完全そのものであるそのような存在は、あなたの内にある幸福と空をあな たに気づかせることができます。彼はその思いの力、あなたを見つめること、あなたに触れること、あるいはただ静かにしていることによって、それをするかも しれません。そのような存在者との触れあいにやってくる人はだれでも、彼の臨在によって利益を受けるでしょう。そのような完全な存在者は、自我の感覚、つ まり個人的な感覚を持っていません。彼のところへやってくるだれもが、彼の面前に存在することによって利益を受けますが、完全な存在者はだれかを助けてい るとは決して思っていません。なぜなら、彼と別個に独立して存在している者はだれもいない、ということを知っているからです。あなた方みんなは、それぞれ に独立した心と体を持つ人間である、と信じている誤りを犯しています。この概念(とらえ方)は、まさに思いにすぎません。

 完全な光明(悟り)を得た存在者に直面して、あなたが本当は真実在 sat であることに気づくとき、この個我の思いは消え去ります。無我としての空、光明(悟り)を得た存在者のもとであなたが体験する純粋な幸福としての空は、真実在ソノモノの直観智です。私は決してだれにも、世を捨てることを忠告しません。これ(世捨て)は、光明(悟り)を得るための道ではありません。それ(世捨て)は、何千年間も西洋と東洋で試みられてきましたが、なにも良い結果をもたらしませんでした。私の忠告は違います。私はただこう言うのです:「静けさを保ちなさい。あなたがどこにいて[どんな状況にあって]も、そこに留まり[知足し]なさい。世間的な行為・活動を排斥して[全てはセルフ=全体宇宙生命であることを忘れて]はいけません。一瞬間[でいいから]ただ心を静かにしなさい、そして[その静けさと共に]起こることを見なさい。」

 これは、とても新しい考え方です。だれかが前に、このことを表わしたことがあるとは、私は思いません。昔は、光明(悟り)を得るために、人々は何年もの間、人里離れた場所で苦行をしたものです。王たちでさえ、自分の王国を捨て、森へ行き、光明(悟り)を得るために、自分のすべてのエネルギ-を捧げたものでした。しかし、それはうまくいきませんでした。なぜでしょう?なぜなら、自由・光明(悟り)は、勝ち得たり[失ったり]で きるようなものではないからです。ソレはあなた自身のセルフとして、あなたの内に、今ここすでにあるのです。あなたはソレを探すために、どこか他へ出かけ るべきではありません。それは、あなたが自分自身について持っている誤った観念によって、おおい隠されているのです。あなたは、「これは私の体です。これ は私の心です。」と考えます。これらの観念は、あなた自身の[真実在としての]本性に気づくのを妨げるじゃまものです。あなたがそれらの観念を取り除くなら、あなたは自由です。あなたはこれらの観念を、[いつ]どこで[で]も取り除く事ができます。あなたは、それらの観念を捨てるために、[わざわざ]森へ行く必要はありません。

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 04


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

4

D:西洋の人々は、霊的な教師たちから、常に忠告を与えられています。教師たちのだれもが、彼らに言います:「あなたは我々のグル-プに加わり なさい。そうすれば、あなたは幸福になるでしょう。あなたは、我々の忠告に従いなさい。そうすれば、あなたは幸福になるでしょう。」あなたの教えとの違い はなんですか、そして人々はなぜそれを信じるべきなのでしょうか?

P:彼らは人々に忠告し、彼らをだめにしてしまうのです。私はそれらの教師や説教者達を拒絶し、私のところへ来るように言います。私はあなたによい忠告を与えましょう。どんな人の忠告も聴いてはいけません。私のでさえもです。あなた自身の内をのぞきなさい、そしてあなた自身の声を聴きなさい。あなたは、何を聞くでしょうか?どんな忠告も聴いてはいけません。なぜなら、全ての忠告は 過去に属するからです。だれかがあなたに何か忠告を与えるなら、その忠告は忠告者がかつて聞いたり、読んだり、体験したなにかから来たものです。それで、 すべての忠告は過去から来るものです。あなたは、あなた自身のセルフを知るのに、どんな忠告も必要ではありません。それで、だれの忠告も聴いてはいけませ ん。ただ静けさを保ちなさい。これが、最上の忠告です。私は、人々に言います: 「静けさを保ちなさい。たった一瞬でいいから、考えたり、どのような努力もしてはいけません。」これが、私の忠告です。そしてそれに従うなら、あなた自身 のためばかりでなく、みんなのため、世界のすべての存在のために、あなたは大変良く実行したのです。

D:そうすると、「静まりなさい」という忠告以外のどのような忠告にでも従うことは、セルフの方に向かうのではなく、セルフから遠ざかるのですか?

P:もちろん、そうです。それはあなたを過去に連れていくので、そうに違いあ りません。私は繰り返します:あなたが言及することができるどの忠告も、それを聞いたり、あるいは読んだりしただれかから来たものです。それは、すべて過 去から来たものです。それは、あなたがたった今この瞬間にあるあなたを示すことはできません。あなたのところへ来る、どのような教訓も信じてはいけませ ん。あなたの感覚があなたに送っている情報さえも、信じてはいけません。すべての忠告を無視しなさい。そして、諸感覚があなたに与えるあらゆる情報を超え なさい。その時、そしてその時だけ、あなたはあなたであるもの(セルフ)をわかるでしょう。あなたは、幾百万年間も感覚的な快楽を味わってきました。今はじめて、あなたは人間の形をまとっています。それ(セルフの覚知)に 全力を尽くしなさい。どんな忠告も聴いてはいけません。忠告者たちは、良い結果を示してきていません。忠告者たちは、あなたの教会に属さない隣人たちや他 の全ての人々と、戦うことや論争することをあなたに教えるだけです。そしてあなたが彼らの忠告に従うなら、ある他の教師たちはあなたに言うでしょう:「い いえ、彼らの忠告に従ってはいけません。私の忠告に従いなさい。」いったんこうなると、争いは避けられません。

D:パーパージー、あなたは、自由への強い願望が必要とされると言います。ほかに、どのような資質が必要ですか?

P:これは、資質と呼ばれるものであるとは思いません。それは、自然に内部から起きてきます。それは少数のまれな人たちだけにおいて内部から起き、胸で踊ります。欲 望が感覚対象に対して起きるとき、あなたは外的対象に向かい、その対象と出会うことで幸福になります。しかし,自由は客体でも主体でもありません。自由へ の願望は源から起き、源で戯れ、源に落ちつきます。その願望がある時、ソレはソレ自身とともに遊び、しばらくの間楽しみ、それから落ちつきます。起きるこ とそして落ちつく事は、決して問題ではありません。なぜならソレが起きようが起きまいが、ソレはいつも同じ[実在]なのですから。[たとえば、ゆげが見えなくなった後も、その構成元素 H20 が存在しているように。]「自 由への願望が起きてはまた消えます。」と人々が言う時、彼らが言っているのは、その他の時間は、他の欲望が起きたりやんだりしているということです。同様 に、「自由への願望が私にわきあがった」とあなたが言う時、願望が無かった時が有った、ということを暗に意味しています。私自身はと言えば、自由はいつも 私と共に有ったので、自由への願望が起きるのを決して感じませんでした。まさしく幼年時代から、自由は私と共に有りました。

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 05


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

5

D:パーパージー、私たちは何かに信仰を持つ必要がありますか?私たちはグルの言葉を信じる必要がありますか?私たちは、自由を得ることができることを信じる必要がありますか?私たちは何かに信仰を持つべきですか?

P:ええ、もちろん信仰を持つ必要があります。あなた自身のセルフへの信仰です。「私は自由です」という信仰です。あなたが何かに信仰を持ちたいなら、あなたが持つことができる最上の信仰はこれです:「私はすでに自由です」。あな たは今、「私は苦しんでいる。私は束縛されている」と、信じています。そのかわりに、なぜそれを「私は自由です」という最上の信仰に変えないのですか?ど ういう違いがあるというのですか?

D:人が「私は自由です」という完全な確信を持つなら、その時その確信は体験となります。それが、あなたの言おうとしていることですか?

P:いいえ、体験[という一時的現象]で はありません。自由は体験ではありません。体験は、いつも何か他のものと共にあります。自由への願望は最終的には消え去り、自由だけが残ります。自由がソ レ自身を知るとき、ソレだけが残ります。今のところあなたは、他の欲望で忙しいのです。それらの欲望が全くあなたから去ってしまった時、自由だけがとどま り、あなたにそれ自身を明らかにするでしょう。

D:パーパージー、あなたは悟りを得るのは非常に簡単であると言います。けれども、セルフに完全に目覚めた人の数は、指で数えられるくらいであると、あなたがしばしば言っているのを私は聞いています。そのように簡単なら、なぜわずかの人だけしか成功しないのですか?

P:あなたはそれのために努力をする必要がないので、とても簡単なのです。あなたはそれを得るためにどこかへ行く必要がないので、とても簡単なのです。あなたがすべき事は、静けさを保つことだけです。ですから自由を達成するのは、 とても簡単な事です。心が常に何か他のものにとらわれているというだけで、それは困難であると人々は言います。自由ソレ自身は、困難ではありません。困難 なのは、他のものに対する執着を捨てることです。あなた自身を執着から解放する事が、たぶん困難なのでしょう。あなたはそれをする(執着を捨て、自由を得るための)決心をすべきです。あなたは今決心することができます。そうしないと、来世まで遅らせてしまいます。

D:自ら解脱しているグルを持つ必要がありますか?

P:絶対に必要です。それ以外に、どのようにして、あなたが正しい道を歩んでいるかどうかを知る事ができますか?

D:パーパージー、西洋の多くの人々は、解脱したグルを探すのに多くの時間を費やしてきました。彼らはどのようにして、そのグルを見つけることができますか?グルを見つける方法として、あなたは彼らにどのような忠告を与えますか?

P:彼らはグルを見つけることはできません。彼らはグルを見つけることはできません。本当のグルは、目で見ることはできません。人々が自分の感覚を通じてグルを見つけようとしても、グルはどのような感覚や判断をも超えているので、 正しい判断はできないでしょう。あなたが自由になりたいと思う時、自由ソレ自体はすでに存在しているのです。しかし、あなたは自由にゆだねる習慣を身につ けてきませんでした;あなたは自由の語法(コトバ)、空の語法(コトバ)、愛の語法(コトバ)[つまり、それらが意味していること]を知りません。あなたはあなた自身を[自由以外の]他 の対象に売り渡してしまったので、これらのことを理解できません。それで、この自由は実際に何であるかということを、あなたは理解できません。しかし、そ れでもあなたはソレに対する強烈な願望を持っています。この強烈な願望が起こる時、自由は慈愛から、あなたが自由とは実際には何かを理解できるように、あ なたが使っている言葉であなたに語りかけるために、自由は[グルという]肉体の形をとります。その時、自由はあなたに教えます:「私はあなた自身のセルフです。」自由はあなた自身のセルフに入り、そしてソレと一つになります。このこと[すなわち]、「私はあなた自身のセルフです。私はアレ自身です。」とあなたに指摘することが、グルの役割です。これがグルの役割です。というのは、いつか自由はあなたはアレ(セルフ)であるという事実を、あなたにまさしく知らせるためのグルになります。あなたは常にあなたの内にある、人格を持たないアレ(セルフ)に耳を傾けません。それで、カレはグルになります。ソレは「あなたはアレ(セルフ)自身です」ということを、あなたに知らせるために、グルになります。あなたがこれを理解するとき、あなたはあなたとグルは一つである(同じセルフである)ということがわかります。

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 06


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

6

D:パーパ-ジ-、ラマナマハルシは、人は誰が本当のグルであり、またそうでないかを見る事はできないということも言っています。しかし、人が 探すべき二つの目印があると、彼は言っていました。人が彼の存在のもとで、平和を感じるかどうかを確かめるべきです。そして彼がまわりの全ての存在に対し て、平等にふるまうかどうかを注視すべきです。これらのことは、役にたつ指摘であると思われますか?

P:もちろん、私はそう思います。あなたはグルが与える話によって、グルが発する言明によって簡単に迷わされてしまいます。しかし、あなたの心が彼のそばで静かであると感じ、ある種の幸福と平和を感じるなら、これらのことがグルの 外的な目印となります。誰でもが、この平和を感じられるわけではありません。熱心に自由[に成る事]に 専念する人だけが、それを感じる事ができます。それ以外の人たちは、それを感じる事ができません。そこで、あなたがグルのところへ行く時、ただ静かにして いなさい。あなたはどんな質問もする必要はありません。彼からどんな答も期待しないことです。静かに坐りさい。そしてあなたの心が静かであるかどうかに気 づきなさい。あなたの心が静か[になる]なら、この人はあなたに教えることができ、そしてそばに留まっている価値のある人であると結論できます。

D:パーパージー、あなたは人々がサト・サンガ sat-saGga で、解脱したグルと共に坐り、心を静かに保つことを忠告しています。グルが死に、肉体を伴ってのサト・サンガがもはや可能でない時、弟子は次に何をすべきですか?

P:彼が本当の弟子であるなら、グルがいつか死ぬという事を認めないでしょ う。体は死にますが、グルは体ではありません。すべての体は死ぬでしょう、しかしグルは肉体であったためしはありません。それで、グルは何か他のものであ ると弟子は知っているので、グルの体の死は彼にとって重要ではありません。グルはいつも弟子のハ-トの内に住んでいます。これを知っている弟子は、何も他のものを必要としません。彼は、「私はグルのいないことを寂しく思わない。私のグルは今ここ常に私の内にいる。」ということを、彼は完全に申し分なく知っています。これが、グルと弟子の関係です。

D:弟子が、そのような態度をとるなら、悟りはグルの死後[でも]可能ですか?

P:弟子が...?弟子が、「私のグルは死んだ体ではなく、私自身のセルフであった」という態度を持つなら、その時その態度でもって、彼はなおセルフを悟ることができます。彼は、肉体を持つ他のどんなグルをも探す必要はありません。グルは、弟子の体と心[に対する執着]を取り除く人です。彼がこの事をしなかったりできないなら、彼は本当のグルとして認容されることはできません。他のグルを探すために、あなたは心と体が必要ですね?あなたは、もう心や体を得る事がなかったら、あなたはどこを見るのでしょう?どう見るのでしょう?

D:パ-パ-ジ-、どうかあなた自身の悟りと、特にあなたのグルであるラマナマハルシが、そこにおいて演じた役割について述べていただけませんか?

P:それは、長い物語です。

D:短い説明をしてもらえますか?

P:それは、長い物語です。それについてすべて話すには、幼年時代から始めないといけません。しかし、私がラマナマハルシに会いに行ったところから始めましょう。私が彼のア-しラマ Azrama に入った時、すべては静かでした。すべては静かでした。この方は、静寂が顕現した寂静そのものでした。彼は誰かに話していたのではありませんでした。そこ には、とてつもない静寂がありました。私はそれほどまで静寂な人を決して見たことがありませんでした。彼に会いに来た人々の心は、彼が住んでいた居所[= 静寂]へはいりませんでした。彼はただ静かにすわっていて、そこには静寂がありました。彼は人々に「心を静かに保ちなさい。心を静かに保ちなさい。」とよ く話したものでした。しかし、たいていの人々は彼が言おうとしている意味を理解しませんでした。今日でさえ、人々は彼が言おうとしていたことをまだ理解し ていません。彼は自由になる方法や悟りを得る方法など、多くのことについてよく語ったものでした。そして、時々「あなたは恩寵が必要です」というようなこ とをよく言ったものでした。しかしたいていの場合、彼はタミ-ル語で「スンマーイル」と言いました。それは「心を静かに保ちなさい」を意味します。ほとん どの人々はその本当の意味を理解できませんでした。しかし、私はすぐその意味を理解しました。私は、最上の教えは「心を静かに保ちなさい」という事であ る、という私のグルと同じ考えなので、今では私はこの言葉を多く使います。静寂そのものである人が、あなたに静けさを保つよう命じるなら、その言葉には威 厳があり説得力を持ちます。それはすぐに影響を与えます。普通の人があなたに静けさを保つよう命じても、それは影響しないでしょう。しかし、静寂そのもの である人があなたに命じるなら自動的にあなたは静寂になります。

D:あなたが最終的にそれを得た日に起こったことを、説明してもらえますか?それはどのように起こったのですか?

P:私は幼年時代からクリシナ kRSNa の帰依者でした。非常な帰依者だったので、クリシナが肉体をまとって、私の目の前に現われるほどにさえなったものでした。私は普通のものを見ることができ るのと同じやりかたで、私の全感覚でクリシナを感知することができました。私は山の反対側のア-ディ・アンナマれーで、約4日間過ごしていました。帰って みるとマハルシは「あなたはどこにいたのですか?」と私に尋ねました。私は「山の反対側で一人でいて、クリシナと交遊していました」と答えました。 「オー、それはすばらしい、あなたはクリシナと遊んでいた!」と彼は大きな声で言いました。「そうです、私はクリシナと交流していました。彼は私の友人で す。」「あなたは今彼を見ていますか?」「いいえ、私は見ていません。」そうすると、彼は言いました:「現われたり消えたりするものは真実在 sat ではない。見る者が残りました。あなたは彼を見た。[けれども]彼は消えてしまった。[またある時は]彼は留まりました、それを見ている者は同一です。今、あなたはまたここにいて、見る者が残りました。さあ、見る者は誰かを見つけなさい。

この「見る者」は単なる言葉でした。しかしそれは私が見る者に変容したほどの、非常な衝撃で私を打ちました。私は見る者になりました。近頃では、私がサ ト・サンガを行なう時、私は人々に言います:「言葉にとらわれてはいけません。言葉の根源へ行きなさい。言葉が述べ示しているところへ行きなさい。あなた がこのことを実行するなら、直ちに真実の理解を得るでしょう。たとえばあなたが「自由」という言葉を言う時、すぐ自由へ行き、そこに止どまりなさい。だれ かが「昼食へ行きましょう」と言う時、食物について話されているので、突然あなたは食物と一体になります。私が「自由」という言葉を言う時、なぜあなたは これを行なうことができないのですか?私たちが自由について話す時、私たちは自由と一体になるべきです。そして私たちは自由の匂いをかぎ、自由を楽しむべ きです。しかしこれは起こりません。言葉は他の物事と共に、あなたを正しい場所へ連れて行きます。しかし私が「自由」という言葉を言うとき、あなたはそれ を理解するための正しい境地へ行きません。「自由」という言葉のために非常に多くのサト・サンガ、非常に多くのグル達が必要ですが、まだ真の意味は把握さ れていません。何が間違っていますか?私達は
[自由以外の]何か他のものに結びついています。