2011年8月27日土曜日

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 02


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

2

D:笑いを止められなかったという肺が一つしかない日本人の教授の物語について、話してもらえませんか?それはあなたの教えに関して、非常によい物語だと思います。物語全体について話してもらえませんか?

P:[パーパージーは笑う]彼が到着したとき、私は家の二階で、数人の人々とサト・サンガ sat-saGga を共にしていました。彼は医者から、階段を上がってはいけないと言われていたので、私がおりていって、彼に会えるかどうかを、一階にいる人にたずねまし た。その人は答えました:「パーパージーは今、非常に忙しいのです。彼は二階でサト・サンガをしています。もしあなたが待てないのなら、上がって行って、 彼に会ってください。」彼は私に会いたいと強く望んでいたので、終わるまで私を待つより、階段を上がって行こうと決心しました。一階にいた人たちは、彼を 手助けしましたが、それでも彼は非常にゆっくりと、苦労してのぼりました。彼が着いたとき、私もふくめて、部屋の中のみんなが笑っていたところでした。彼 がいる間は、言葉による教えはありませんでした。みんなは、ただ笑い続けていました。私たちがなぜ笑っているのか、彼はわかりませんでしたが、彼もまた加 わって笑いました。

それから昼食の時間になったので、私たちみんなは食事のため、一階へおりて行きました。昼食の間に、彼は言いました:「私には一つの肺しかありません。 もう一つは、手術で取り除かれました。私の医者は、肺に非常な負担を与えるから、階段をのぼったり、笑ったりしないようにと、命じていました。もし私が 笑ったり、階段をあがったりしたら、その激しい活動から肺を回復させるため、薬を飲むことになっていました。しかしここでは、私は薬を飲む必要性を、少し も感じません。それどころか、私はもう一つの肺が戻ったかのように感じます。それから彼は、再び笑い始めました。彼が私といる間、彼はどんな質問もしませ んでした。彼は、ただ笑い続けるだけでした。それは彼に負担にならないので、薬を飲む必要がまったくありませんでした。その後、彼が日本へ帰った後、私に 会うように、彼の学生のひとりを送ってよこしました。教授が日本へもどった後、教授は次のように聞かれたと、この学生は話してくれました:「らックナウか ら何を持ち帰ったのですか?プーンジャジーの教えは何ですか?」教授の唯一の答えは、笑い始めることでした。彼はずっと笑い続けました。笑いがとうとう納 まったとき、学生は再びたずねました:「プーンジャジーの教えは何ですか?」すると彼は答えました:「笑うこと、笑うこと、そして踊ること。」人が笑って いるとき、その人には、心も思いも問題も苦悩もありません。


D:笑いが続いている限り、[思い・問題・苦悩のような][の活動]はありません。心は無いのです。

P:自分で試してみなさい。[笑い]笑わない人たちには、[考えている]心が有ります。彼らはとても深刻に見え、多くの問題を抱えています。彼らは心を持っています。それは、何かの問題や苦悩にとっては、[それを思う]心を持つ必要があるからです。それが苦しむ心というものです。わかるでしょう。そこで、あなたの問題を笑いとばしなさい。何か問題がやって来たら、笑いとばしなさい。あなたが笑うなら、問題は立ち去るでしょう。それは逃げて、飛び去るでしょう。

D:それで、笑いは、苦痛や苦悩が無いということへの反応(証明)である。あなたはそう言われているわけですね?

P:どういうことですか?

D:すべての精神的な問題が去ってしまったとき、自然に笑いは起きますか?

P:もちろん、そうです。自分のすべての問題を取り去った人だけが、笑ったり踊ったりします。自分のすべての問題を解決したとき、その人だけが踊ったり笑ったりするものなのです。昔、ひとりの聖者が山の頂に住んでいました。ある満 月の真夜中、彼は笑い続け始めました。村のみんなは目をさまし不思議に思いました。「聖者に何が起きたんだろう?」彼らは丘の頂上へ行って、彼にたずねま した。「聖者様、何が起きたのですか?」聖者は笑いながら答えました。「見なさい!見なさい!見なさい!見なさい!雲がある!雲がある!」多くの人たちが 雲を見るけれど、雲を見てだれが笑いますか?心を持たない人だけ[が笑うの]です。彼が見るすべてが、彼に笑う機会を与えるでしょう。なぜなら彼がそれを見つめる時、彼はそれそのものになっているからです。雲はそこにあり,月はそのうしろにあります。あなたが[考える]心を持たないなら、この見ることそのことだけで、あなたに笑いを生じさせることができるのです。

D:それで、パ-パ-ジ-、あなたは世界を見るとき、たいてい笑っています。あなたは、それはすべて全く冗談だと思っていますか?

P:[笑い]私は冗談を言うだけです。何かほかにありますか?私は何も経典を学びません。私は決してどんな経典も学んでこなかったし、どんな経典にも言及しません。私はただ冗談を言うだけです。[さらに笑う]