2011年8月27日土曜日

プーンジャ:心を静かに保ちなさい 11


PAPAJI : summA iru (Keep Quiet)

パーパージー:心を静かに保ちなさい

1993 年らックナウの植物園でのデイヴィド・ゴッドマンによる[インターヴュー]

11

D:それで、[究極]意識はあなたに教えることを命令しました。それがあなたが話していることですか?

P:意識が…?

D:あなたに教えることを命令しました。それがあなたが話しておられることですか?あなたは命令を実行しているだけだ[、と]

P:[長い中断]意識と私は全く一つになりました。“ソレ”が“私”に命令することができるかどうかを言うことはできません。

D:しかし、ある力がサト・サンガ sat-saGga を行なうようあなたを駆り立てています、ね?

P:ええ、“ある力”はこのようです:[自分の前方に手を伸ばす]私 が水を飲みたいと思う時、「プーンジャジー、グラスを手に取りなさい」と、私は言いますか?私が水を口に入れる前に、「水を口に入れなさい」と、私は手に 言いますか?そして飲む前に、「飲みなさい」と、私は命令しますか?[パーパージーは笑いながらグラスを取り上げて飲む] 今、私は手に命令しませんでした。それは全く私なのです、わかりますね。恩恵を受けるのは他者ではありません。手は私自身であり、胃は私自身であり、水へ の欲求は私自身です。誰が他者なのですか?誰が私以外の者ですか?まず第一に、誰が無知なのですか?人々がそのように言うなら、私は彼らを信じません。[誰でも本来自由であるのに]誰 が自由になりたいのですか?誰かがこの事を私に言うなら、私はその人を信じません。誰がまだ自由でないのですか?そこで、人々が私のところへ来て「私は苦 しんでいます、私は束縛されています」と言う時、彼らは冗談を言っていると思い、そこで私は「あなたは束縛されていません、あなたは自由です」と冗談を言 い返します。「[解脱するために]長い時間を必要としますか?」と、彼ら はたずねます。「いいえ」と私は言います。「あなたはまさに今、それを得ることができます。」全くこれは冗談です、そこで私はそれを冗談として受け取りま す。「私は束縛されています。」という言い草は、冗談ではないですか?このように話す人々は、私に鎖も足かせも刑務所も示しません。これはどんな種類の監 獄ですか?それで、それは私にとって全く冗談ですし、そして私はその冗談を楽しんでいます。

D:それでパーパージー、あなたがサト・サンガ sat-saGga で人々を見る時、[本来]悟っているのに悟っていないと[自分に]思わせている人々をあなたは見ているのですか?

P:[長い中断]ああ、それは難しい質問ですが、私はすべての質問に答えるの で、その質問に答えるべきでしょう。まず第一に、私は彼ら皆を吸収して、私のハートの内で座を与えます。恋人が彼のハートの内において、愛する人に座を与 えるように、あなたはいつも私のハートの内に坐しています。そこで、私はここ(ハート)を開いて言います:「あなたと私は一緒に話しましょう。ええ。あな たは私と別ではありません、あなたはハートの内にいます。あなたは私のハートの内にいます。お話ししましょう。」

D:パーパージー、恩寵はサト・サンガ sat-saGga で働いています。それはあなたを通じてあなたから来るのですか、それともそれはただそこにあるものなのですか?

P:恩寵からのみ来ます。恩寵は恩寵のみから来るはずではありませんか?波は海から来るはずです。恩寵は恩寵から、恩寵の海から来るはずです。

D:でも、それはあなたの近くで非常に強く流れるように思われます。

P:私はわかりません。

D:パーパージー、私はあなたが「私は人々を目覚めさせるための多くの秘訣を知っている。一つの秘訣が働かないなら、私は別の[秘訣]を使う。」と言うのを何回も聞きました。これらの秘訣は何ですか、そしてそれらをあなたはどのように使うのですか?

P:一番めの秘結は「静かに在りなさい!」です。2番めの秘訣は「全く考える な。」です。3番めの秘訣は「あなたの心を活動的にするな。」です。これらが有効に作用しないなら、四番めの秘訣があります。私は言います:「私のところ へ来なさい、そうしたらあなたにヨーガを教えましょう。あなたにしールシャーサナ zIrSa-Asana[床の上に頭をつけ、空中に両足を伸ばすヨーガのポーズ] の行ない方を教えましょう。私は彼らを私の前に立たせ、それから言います:「さあ、頭を下にし、両足を空中に上げなさい、これがしールシャーサナです。」 私自身、そのやり方を知っているので,彼らに簡単に示すことができます。彼らが頭で立っている間、「でも、私は自由になりたいのです。」と、言うでしょ う。彼らがその姿勢でまだ静止している間、私は彼らに自由になる方法を言います。「静かに在りなさい、静かに在りなさい」と私は言います。その時、彼らは それまでに少しは苦しんでいるはずなので、[私の言うことを]聴くでしょう。人々が感覚的な快楽に耽(ふけ)りすぎ、苦しみを感じ始める時、私のところへ来て、[私の言うことを] 聴きます。誰かが長い間十分に逆さまでいて苦しみ始め、そしてそれに気づいてきた時、その人達は私の所へ来ます。そこで,私は多くの秘訣を知っているので,西洋ではしばしばそれらを使いました。たいてい善良な人々が、らックナウで私に会うためにやって来ます。私は彼らと[の触れ合いで何の] 問題を持ちません。人々は世界中からインドへそして初めてらックナウへやって来ます、そして私は彼らと共にいて非常に幸せです。私が彼らに話す時、彼らは私の言うことを聴きます。彼らは父や良い忠告を与えてくれる尊敬する人に対してと同じように、[私の言うことを]聴 きます。彼らは自分の精神的苦悩が終わることを望んでいます。そこで,私は彼らにこの秘訣を与えます:静かに在ることを、私は彼らに語ります。私が彼らに 何もすることを求めないので,たいていの人々はこの忠告を好みます。彼らは何もせず、単に静かに在ることによって、幸福と平和を得ます。

 誰が幸福を望まないですか?誰が平和を望まないですか?誰が美を望まないで すか?誰もが関心があります。そこで彼らは私の言うことに耳を傾け私は幸福なのです。誰もが恩恵を得ます。彼らは皆このらックナウ市から、特使としてそれ ぞれの国へもどります。それから彼らは他の友達を[ここへ]送ります。彼 らから良い報告を聞いたというだけで、数千の人々がここへ来ました。ここで起きていることについて、誰も不平を言いません。課金もアーシラマ Azrama もありませんし、また多額の資金要請もありません。私は自分の家に住んでいて 、この都市の住人です。私は 50 年来、ここで生活しています。私はまた数年間、外国生活をしました。私は旅行が好きですが、今では高齢のため、ここに留まっています。それであなた達がこ こにいる訳です。最近まで、私は人々の家を訪ねるのが常でした。私は誰にも迷惑をかけたくなかったのです。そこで、今多くの人々がここにいます、そして何 がしかの平和のメッセージが広がっていくので、大変幸福です。私達には、それが大いに必要なのです。2600 年前、マへーンドラ神とミトラ神の姿で、世界中へ平和の使者を送ったのはインドでした。アしょーカ azoka 王自身の息子と娘が、使者として送り出されました。他の人々は同じ任務で中国、日本、韓国へ行きました。その時期、世界にはすばらしい平和がありました。 そこでこの同じ場所から、平和のメッセージを再び送り出すことを決意しましょう。ブッだ buddha は、この州の出身です。ブッだが生きていたその場所から、もう一度平和のメッセージが送り出されることで、私はとても幸福です。多くの旅行者たちが、ブッ だの生涯と関係のある聖なる場所を訪れるため、この州へ来ます。彼らは、クシーナーガラやスィッだールたナーガラやるンビニーのような場所を訪ねます。す べてそれらの場所は、ここから平和のメッセージを広めた一人の人間のおかげで神聖になりました。あなたは自分自身が解脱することによって、世界に平和を示 すことができます。この解脱ソノモノがメッセージなのです。あなたは国へもどって、お話しをするかもしれないし、沈黙を保つかもしれません。それは[ある]作用[を]し、あなたにはわかるでしょう。友達が「何が起きたんだ?」とあなたにたずねる時、あなたは沈黙を保つことができます。再び彼らはあなたにたずねるでしょう。ただ静寂を保ちなさい、それがあなたが行なうべきすべてです。